体育会長挨拶

中京大学体育会 会長
中京大学体育会 会長 高橋繁浩

 中京大学体育会は、大学開学(1954年)と同時に、陸上競技部、準硬式野球部、卓球部、剣道部が発足され、その2年後の1956年に硬式野球部、軟式庭球部、柔道部、アイスホッケー部、山岳部が新たに加わり、計9クラブで組織化されスタートしました。現在は39のクラブが豊田、名古屋キャンパスで活動しています。60余年の歴史において、これまで多くの先輩達が輝かしい功績を収めてきました。これらは、諸先輩はじめ、体育会員の皆さんの日頃の努力に加え、活動を支える指導者、ご父母、校友会はじめ大学当局、教職員の方々のお力添えがあってのことと深く感謝申し上げます。私自身、1980年からの4年間、体育会員として活動しましたが、そこで得た経験は現在の教育や指導法の礎となっています。

 さて、本会は、建学の精神である「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」を実践することを目的としています。その精神は、学術において、その研鑚とともにジェントルマンシップ・レディシップを熟成し、スポーツにおいては、心身、技術の錬成とともにスポーツマンシップを体得することにあります。スポーツマンシップとは、1.ルールを守る、2.ベストを尽くす、3.チームワークをつくる、4.相手に敬意を持つ、ことであり、国内外問わず、あらゆる分野で活躍できる人間を育成することです。

 コロナ禍のいま、まさにこの四大綱が求められています。生活や練習環境が制限されるなか、個々がルールを守り、互いに信頼し協力し合いながら全力を尽くすことで、この苦境を乗り越えられるものと考えます。そして、その経験は、大学や体育会の今後の発展、また、体育会員の活躍や人間的成長に繋がるものと確信しております。
 関係各位の皆様には、引き続き、変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。