中京大 名城大を逆転で下しタイに 愛知大学野球リーグ第4週 

 愛知大学野球秋季リーグ戦第4週第2日は9月24日、豊田市運動公園野球場で行われ、前日の第1日に、今季初黒星を喫した中京大は第1試合で名城大に逆転勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。第3戦は25日午後1時(予定)から春日井市民球場で行われ、勝ったチームが勝ち点3となる。

▽24日第1試合(豊田市運動公園野球場)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
中京大 0 0 0 0 0 1 1 4 0 6
名城大 0 0 0 2 0 1 0 0 0

3

(中)大内、真田、若林-福島、池田 (名)東、坂倉、植田-市川

▽本塁打 西村(坂倉)

 中京大は八回表、一死から6番西村卓浩選手(スポーツ科2、履正社)が右翼芝生席ぎりぎりに高々とアーチをかけて同点に追いついた。さらに2安打と死球で二死満塁と攻め、2番村田大季選手(スポーツ科2、享栄)が左中間に三塁打を放ち、終盤ようやく優位に立った。八回裏から連投の若林優斗投手(スポーツ科4、三重)=写真下=がマウンドに上り、2イニングをぴしゃりと抑えた。

2イニングを完璧に抑えた若林投手.JPG

 前日の第1戦は八回に一挙8点を奪われて敗れたが、この日は中盤までのビハインドを終盤一気にひっくり返し、重苦しいムードを一掃した。半田卓也監督は「初戦を落とし、第2戦も劣勢の状況だったが、我慢して我慢して勝ちをつかんだのは大きい」と話し、菊地啓太コーチは第3戦に向けて、「粘り強くやろう。結果は後から付いてくる」と選手たちに呼びかけた。

 貴重な同点本塁打の西村選手は「練習試合を除いて大学に入って初めての本塁打です」と笑顔を見せた。ベンチから「思い切って行け」と言われていたといい、「真ん中内角よりに来たので打ちに行きました。少し詰まり気味で高く上がりすぎたのでまさか入るとは思わなかったです」と話していたが、チームにとっては値千金の一打だった。また、満塁の走者一掃の三塁打を放った村田選手=写真下=は「昨日はいいところで打てず、きょうも4の0だったので何とかしたかった。打球に落ちてくれと願いながら走り、センターの後ろに転がるのが見えたので必死でした」と振り返った通り、三塁へ猛然とヘッドスライディングした。「先輩から体に力が入りすぎといわれているので第3戦も力まずしっかりやります」と気持ちは次の試合に向かっていた。

三塁を懸命に狙う村田選手.JPG

                          ◇

 愛知大学野球第4週第1日は9月23日、豊田市運動公園で行われ、中京大は第2試合で名城大と対戦、八回に一挙8点を奪われ、今季初の敗戦を喫した。

▽23日第2試合(豊田市運動公園野球場)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
名城大 0 0 0 0 0 0 0 8 0 8
中京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0

0

(名)栗林-市川 (中)若林、三輪、阿部、大山-福島

  • 記事を共有