ショートトラック全日本選手権で平井選手が総合9位

 ショートトラックスピードスケートの第40回全日本選手権大会が平昌五輪代表最終選考会を兼ねて12月16~17日、名古屋市・日本ガイシアリーナで行われ、白熱したレースが展開された。中京大からは女子の平井亜実選手(スポーツ科2、一宮北)、小池佑奈選手(スポーツ科2、岡谷南)が出場。平井選手は総合9位、小池選手は総合12位だった。

 平井、小池の両選手は、過去には日本代表としてW杯出場経験もあり実績は十分。平昌五輪出場を目指し大会に挑んだが、惜しくも五輪代表には選出されなかった。ただ、平井選手は補欠に入ったため、故障者がでれば出場機会が回ってくる。「いつでもレースに出られるように心身ともにしっかり準備をしておきたい」と語った。

~種目ごとの成績~

▽平井選手(総合9位) 500m 10位、1000m 6位、1500m 12位

▽小池選手(総合12位) 500m 22位、1000m 15位、1500m 7位

hirai.jpg

平井選手

koike.jpg

小池選手

  • 記事を共有