氷上インカレ 女子が総合優勝

 日本学生氷上選手権が1月6~8日、長野県の軽井沢風越公園アリーナなどで行われ、学校対抗で中京大は女子が2大会連続3度目の優勝を果たした。

 中京大の総合得点は10点で、2位は8点で並んだ早稲田大と山梨学院大だった。中京大は部門別ではフィギュア女子が優勝で8点を獲得し、今大会からショートトラックも含まれるようになったスピードで2点をあげた。

平井1500m-hp.jpg
平井選手のショートトラック女子1500㍍

 フィギュア女子は大庭雅選手(スポーツ科学部4年、中京大中京)が184.17の高得点で優勝、松田悠良選手(スポーツ科学部1年、中京大中京)が準優勝、新田谷凜選手(スポーツ科学部2年、愛知みずほ大瑞穂)も4位に入った。また、ショートトラック女子1500㍍で平井亜実選手(スポーツ科学部2年、一宮北)が優勝した。

団体優勝-hp.jpg
(左から)大庭選手、松田選手、新田谷選手
  • 記事を共有