国内初の女子50㌔競歩で園田選手が優勝 記録は4時間31分52秒

 陸上競技の日本選手権50㌔競歩が4月15日、石川・輪島市の50㌔競歩路で行われ、初めてオープン種目として実施された女子で園田世玲奈選手(スポーツ科4、草津東)が4時間31分52秒で優勝した。この記録は今年中に破られなければ、女子50㌔競歩の最初の日本記録として公認される。

  • 記事を共有