2018年度 東海学生アーチェリー王座出場校決定戦予選 第2戦

2018年4月21日~22日にかけて、2018年度東海学生アーチェリー王座出場校決定戦予選 第2戦が開催されました。

IMG_3817.JPG

【試合結果】

1回戦
中京大学 対 愛知学院大学

  0       6

【試合内容レポート】
今回の大会は団体トーナメント戦です。
選手3人と補欠がいる場合は補欠1人でチームを組みます。
70m形式で、2分で3人が2射ずつ計6射で競われ、5ポイントを先取したチームが勝ちとなります。
引き分けた場合は1人一射すつ射るシュートオフで決着がつけられます。
中京大学は1回戦愛知学院大学と対戦し0対6で初戦敗退となりました。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
小椋 達生(工3・鈴鹿)
川村 壱征(現代社会3・高田)
橋本 悠生(現代社会3・愛知)

【選手コメント】
今回は、基本は個人競技のアーチェリーでは数少ない団体の大会でした。
部員の少ない当部ではギリギリの人数で出場し、出場者は精一杯やりきりましたが結果が伴わず、全員悔しいと思います。
来年は違うメンバーでの出場になると思いますが、今回できなかったことを教訓に練習していきたいと思います。 (3年)

  • 記事を共有