第54回東日本大学空手道選手権大会

2018年5月4日から5日にかけて、東京都千代田区の日本武道館において、
第54回東日本大学空手道選手権大会が行われました。

【試合結果】
<男子団体組手競技>2回戦敗退
<女子団体組手競技>2回戦敗退

【試合内容レポート】
今回の大会は、東海地区だけでなく、関東や東北など東日本地区の大学が集まり、
東日本でNO1を決める大会でした。男女ともに初戦を突破し2回戦へと駒を進めました。
しかし、2回戦で男女ともに関東の強豪校と試合をしました。
男子は駒澤大学と試合をし、あと1歩というところで負けてしまいました。
女子は昨年の王者帝京大学と試合をし、負けてしまいました。
今回の大会では、関東の大学との差を感じました。
今週末にインカレ予選が行われ、来月にはインカレがあります。
少しでも多くの中京生がインカレに出場できるように、練習を行っていきます。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
後藤直哉(現代社会4・豊川)
鈴木しおり(スポーツ科4・拓大紅陵)
増田千栄(現代社会4・静北)
吉原久美子(スポーツ科4・神戸龍谷)
平恵司郎(スポーツ科3・柏原)
山下雄大(経済3・県立岐阜商業)
谷内村早希(経済3・宮崎第一)
桑子明大(総合政策2・星城)
後藤大地(経済2・松商学園)
千葉智也(現代社会2・豊川)
柳愛永(経営2・高岡第一)
大塚圭悟(現代社会1・高崎商大付属)
竹田龍生(工学1・岐阜総合)
長谷川真也(現代社会1・京都外大西)
藤原晃也(スポーツ科1・京都外大西)

【選手コメント】
第54回東日本大学空手道選手権大会では、今年度初の団体組手競技での大会でした。
普段顔を合わせることのない、強豪校と試合をさせていただけたことによって、
身を持って全国大会上位校との差を感じることができました。
今週末には、平成30年度春季東海地区大学空手道選手権大会が行われ、
全日本学生空手道選手権大会の個人戦出場枠をかけて戦います。
中京大学として、一人でも多くの選手が全国大会への切符を掴めるよう、
1日1日の練習を大切に取り組んでいきますので、
今後とも応援の程、よろしくお願いします。(スポーツ科4・吉原久美子)

  • 記事を共有