東海オープンアルティメットシリーズ第2戦

2018年5月19日から20日にかけて、愛知県の岡崎中央総合公園において、
東海オープンアルティメットシリーズ第2戦が開催されました。

【試合結果】

<1日目>
1試合目 VS名古屋学芸大学    9-3 ○
2試合目 VS至学館大学      7-1 ○

<2日目>
1試合目 VS夢所属       5-9 ×
2試合目 VS名古屋大学    11-1 ○

<結果> 
準優勝

【試合内容レポート】
今回の大会は、怪我人が多く、10人と少ない人数の中での試合となった。
OFは、チームで挑戦、今までやってきたことを試す。
DFは、プレッシャーのある怖いDFをする。
これを決め事で試合に挑んだ。
1日目は、強風の中、やりたいOFが形になり練習の成果が発揮され、
いい手応えを感じられたが、DFの決め事ができず、反省が出てしまった。
しかし、2日目で社会人チームと戦った時にはDFが修正され、
また更に人数が少ない中での効率のいいDFをするという新たな課題が見つかった。
次の全日予選では、教育実習のため、チームの人数がさらに減るが、
この反省を生かし、さらに1年生が加わることも強みに全員で戦う。


【出場選手名(名前・学部・出身校)】
近藤奈緒(現代社会4・名古屋女子)
四宮菜月(スポーツ科4・新川)
古川 玲桜(現代社会3・ 春日井南)
西浦 優花(スポーツ科3・西春)
高瀬 響(スポーツ科3・中京大中京)
家木 笑子(スポーツ科3・豊田西)
小橋 千春(スポーツ科3・中京大中京)
水谷 実加(スポーツ科2・中京大中京)
住田 紗和子(スポーツ科2・豊橋東)
本田 さわ(スポーツ科2・米子西)

  • 記事を共有