第15回東海地域大学男女ソフトボール選手権大会

2018年5月27日、岐阜県恵那市の山岡グラウンドにおいて
第15回東海地域大学男女ソフトボール選手権大会が開催されました。

【試合結果】
<岐阜経済大学戦>

中京 0 3 0 0 1 0 2 6
岐阜経済 0 0 0 0 0 0 0 0

<星城大学戦>

中京 0 0 4 0 0 0 0 4
星城 0 0 0 0 0 0 0 0


【試合内容レポート】
<岐阜経済大学戦>
先攻の中京だったが、初回三者凡退に倒れ無得点から始まる。
しかし2回、4番佐藤友香の好走塁により0アウト2塁から5番佐藤果歩の内野安打と
相手のエラーにより、代走知見が一気にホームを踏み先制点を得る。
その後、7番川口と1番高瀬のタイムリーでこの回一挙3得点。
5回にも2アウト2塁のチャンスから5番佐藤果歩の二塁打で追加点を得る。
7回にも1番高瀬、2番彦坂が塁に出ると、4番知見の二塁打でダメ押しの追加点を得る。
守っては先発丹羽が相手打線を6回被安打1に抑えると、
最終回登板した西川も三者凡退で抑え完璧なピッチングで勝利を収めた。

<星城大学戦>
今大会決勝は、準決勝を接戦で勝ち進んだ星城大学との一戦になった。
2回までは両投手とも3者で抑える投手戦となっていたが、試合が動いたのは3回。
9番石川が安打で出塁すると続く高瀬が安打で繋ぐ。
2番舟橋は冷静に四球を選び2アウト満塁のチャンス。
打席には前の打席で安打を放った3番佐藤果歩の適時打で2点を先制。
続く4番高山の勝負強い一打で再び2点を追加した。
投手陣も金丸、丹羽、村田の投手リレーで被安打1と完璧なピッチングで相手に隙を与えず
4対0で勝利した。

【出場選手名(氏名・学部・出身校)】

高瀬沙羅(スポーツ科2・滑川)
彦坂千咲(スポーツ科3・厚木商業)
杉本梨緒(スポーツ科3・佐賀女子)
本間友菜(スポーツ科2・加藤学園)
鬼塚瑠夏(スポーツ科3・長崎商業)
佐藤友香(スポーツ科3・津東)
知見美乃利(スポーツ科4・若狭)
佐藤果歩(スポーツ科4・高松南)
安山涼香(経営2・宇治山田商業)
舟橋花保(スポーツ科3・神戸野田)
川口茉菜(スポーツ科2・加藤学園)
山元綾乃(工学3・岐阜女子)
川澄優佳(スポーツ科2・東海学園)
石川美樹(現代社会3・聖霊)
阿部瑚那美(スポーツ科4・東海学園)
丹羽萌(スポーツ科3・東海学園)
西川沙希(スポーツ科1・九州文化学園)
高山美蓉子(経営4・津商業)
森本美由(スポーツ科3・とわの森三愛)
中山侑紀(スポーツ科3・神戸星城)
金丸侑志帆(スポーツ科4・岐阜女子)
村田未幸(スポーツ科3・津幡)

  • 記事を共有