東海学生陸上競技対抗選手権大会

2018年5月11日から5月13日にかけて、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムにおいて、
東海学生陸上競技対抗選手権大会が行われました。

【試合結果】
<1日目>

10000mw 園田世玲奈選手(スポーツ科4・草津東)49分00秒44 2位
10000mw 本間汐音選手(スポーツ科2・長岡商業)49分51秒65 3位
円盤投げ 近藤沙南選手(スポーツ科1・安城学園)44m37 1位
円盤投げ 森川絵美子選手(スポーツ科3・新潟明訓)43m99 2位
円盤投げ 堀田葉月選手(スポーツ科2・熊本西)40m28 3位
円盤投げ 中井康二選手(スポーツ科2・中京大中京)46m50 1位
円盤投げ 戸澤廣哉選手(スポーツ科3・岩津)45m15 2位
走幅跳 明星光選手(スポーツ科2・豊田)5m99(+2.1) 1位
走幅跳 天城帆乃香選手(スポーツ科3・浜松開誠館)5m85(0.0) 2位

<2日目>

男子400m 祖父江巧選手(スポーツ科3・江南)47.26 2位 
男子400m 野村勇輝選手(スポーツ科2・宮崎工)47.27 3位
男子ハンマー投 古旗崇裕(スポーツ科4・名古屋大谷)65m93 優勝
男子ハンマー投 東浦貫太選手(スポーツ科4・宇治山田商)64m41 2位
男子ハンマー投げ 服部優允(スポーツ科2・尼崎)60m83 3位
女子400m 安藤もも選手(スポーツ科4・広島私立比治山女子)56.45 優勝
女子ハンマー投 大久保祥子選手(スポーツ科4・長久手)53m75 優勝
女子ハンマー投げ 藤本咲良選手(スポーツ科2・尼崎)52m52 2位
男子100m 矢橋寛明選手(スポーツ科4・県岐阜商)10.61 優勝
女子100m 天城帆乃香選手(スポーツ科3・浜松開誠館)12.37 2位
男子800m 中村倖(工学部・宇治山田) 1"55'60 2位
男子110mH 山本 健太(体育学研究科1・阿久比) 14.19 優勝
男子110mH 政岡 薫(スポーツ科3・中京大中京)14.98 3位
男子110mH 大澤 京介(スポーツ科3・中京大中京)400mH 52.57 3位
女子800m 高橋 郁乃選手(法3・新川)2.15.56 優勝
女子400mH 飯島 あかり(スポーツ科3・宇治山田)1.04.10 3位
女子400mH 長屋 美月(スポ科2・中京大中京)   1:01.04  2位
男子4×100mR(彦坂・杉本・矢橋・若杉)40.51 3位
女子4×100mR(柴崎・天城・明星・近藤)47.31 3位
男子10000mW 川田敦斗(スポーツ科2・滋賀学園)43'48"80 2位
男子三段跳 織田海斗選手(スポーツ科4・西城陽)15m15(-0.6)3位
男子棒高跳 石川琢磨選手(スポーツ科3・岡崎城西)5m20 優勝
男子棒高跳び小木曽光選手(スポーツ科3・中京大中京)4m80 2位
女子棒高跳 今泉友里選手(スポーツ科4・岡崎城西)3m70 優勝
女子棒高跳び 高田彩佳選手(スポーツ科2・岡崎城西)3m60 3位
男子やり投 石山歩選手(スポーツ科4・花園)77m08 優勝
女子やり投 金子春菜選手(現代社会4・美濃加茂)50m80 2位
女子やり投 石本瞳選手(スポーツ科2・名古屋大谷)48m03 3位

<3日目>
走高跳 水谷來選手(スポーツ科4・岡崎城西)2m10 1位
蛭子屋雄一選手(スポーツ科4・福翔)2m05 三位
三段跳 糟谷友里選手(スポーツ科2・名古屋商業)12m17 2位
砲丸投 戸澤廣哉選手(スポーツ科3・岩津)15m42 3位
杉本仁選手(スポーツ科3・高島)14m44 2位
早川匠海選手(スポーツ科4・岐阜商業)14m03 3位
男子200m 川端魁人選手(スポーツ科2・宇治山田商業)21.49 2位
男子200m 野村勇輝選手(スポーツ科2・宮崎工業)21.60 3位
女子800m 高橋郁乃選手(法学部3)2"14'68 1位
女子800m 中村倖選手(工学部1) 1"55'60 2位
女子3000msc 後藤梨奈選手(スポーツ科2・岡崎城西)10'41"76
女子10000m 杉村穂乃加選手(スポーツ科3・愛知黎明)34'18"48

【試合内容レポート】

<1日目>
第84回東海学生陸上競技対抗選手権大会の一日目が5月11日(金)にパロマ瑞穂スタジアムにて行われた。
今大会は東海地方の学校対抗戦で、素晴らしい結果を残した選手が多数いた。
競歩では女子10000mwの園田選手(スポーツ科4・草津東)が49分00秒44の力強い歩きを見せて2位入賞を果たした。これに続き、本間選手(スポーツ科2・長岡商業)は49分51秒65で3位入賞をした。
投擲では、女子円盤投げの近藤選手(スポーツ科1・安城学園)が1年生ながら44m37の自己ベストで優勝した。
森川選手(スポーツ科3・新潟明訓)は43m99で2位入賞をした。
堀田選手(スポーツ科2・熊本西)は40m28で3位入賞をし、女子円盤投げは表彰台独占をした。
男子円盤投げでは、中井選手(スポーツ科2・中京大中京)が46m50で優勝した。
戸澤選手(スポーツ科3・岩津)は45m15の自己ベストで2位入賞を果たした。
女子走り幅跳びでは、明星選手(スポーツ科2・豊田)が5m99(+2.1)で優勝した。
これに続き、天城選手(スポーツ科3・浜松開誠館)が5m85で2位入賞を果たした。
暑い中のレースだったが、多くのベスト更新や入賞者が多数いた。

<2日目>
東海インカレということで、どの選手も勝ちにこだわり、表彰台に乗る選手が多く見られた。
短距離種目からは、女子400mで安藤選手が優勝、男子100mで矢橋選手が優勝した。
跳躍種目からは、男子棒高跳で石川選手が優勝、女子棒高跳で今泉選手が優勝した。
投擲種目からは、男子やり投げで石山選手が大会記録を出して優勝、男子ハンマー投で古旗選手が優勝、女子ハンマー投で大久保選手が優勝した。それぞれの種目で中京大学の強さが見られる結果となった。

<3日目>
3日目の13日は1,2日目の気候とは打って変わり気温が低く、朝から冷たい雨が降り注いだ。
短距離では、200mの2年の川端選手(スポーツ科2・宇治山田商業)、
同学年の野村選手(スポーツ科2・宮崎工業)が降りしきる雨の中2、3位と大健闘。
中長距離では、800mの男子では新1年生の中村選手(スポーツ科1)が快心の走りをみせ2位、女子では高橋選手(スポーツ科3)が堂々の優勝。
跳躍種目では、走高跳で強い雨が降りしきる厳しい状況の中ジャンプオフの大激闘を制し、主将の水谷選手(スポーツ科4・岡崎城西)が優勝し、意地を見せた。
投擲では、砲丸投で男女とも圧倒的な力を見せつけた。
男子は、戸澤選手(スポーツ科3・岩津)、杉本選手(スポーツ科3・高島)、早川選手(スポーツ科4、岐阜商業)が表彰台を独占した。優勝を果たした戸澤選手は、2位の選手に一メートル近くの差をつけ15m42のビックスローをみせた。
総合では、男子・女子とも優勝を果たした。男子は、トラック110点・フィールド125点・混成14点の合計249点。女子は、トラック124点・フィールド125点・混成21点の合計270点であった。新戦力と2、3、4年生の力が噛み合い西日本インカレ・全日本インカレにむけ弾みのつく試合ができた。

  • 記事を共有