平成30年度東海学生卓球選手権大会

2018年6月23日から24日にかけて、愛知県の一宮市総合体育館において、
平成30年度東海学生卓球選手権大会が開催されました。


【試合結果】

<女子ダブルス>
菅沼・大平組 準優勝
熊原・若原組 ベスト4
近藤・笹川組、伊藤・久保組 2回戦敗退
<女子シングルス>
若原 準優勝
菅沼 ベスト4
熊原、大平、久保 ベスト16
近藤、笹川、伊藤 2回戦 敗退

【試合内容レポート】
本大会は毎年東海の大学生の順位を決める大事な試合で、今回は昨年度に比べ全体的に良い成績を残すことが出来ました。女子シングルスではベスト4決定から7セットマッチルールが適用され普段の5セットマッチとは違う感覚で2年の若原は決勝戦で朝日大のエースの李選手と対戦しましたが相手のミスが少なくこちらが焦ってしまい1ー4で負けてしまいました。
女子ダブルスでは、3年の菅沼・1年の大平組が決勝で愛工大のペアに惜しくも負けてしまいましたが、準決勝では愛工大のエースダブルスと対戦してガッツのあるプレーで3ー2で勝ち、今後に繋がる自信になりました。
7月に入るとすぐにインカレが始まります。今回の反省を活かしていい成績を残し、秋のリーグ戦につながるような試合ができるよう頑張っていきたいです。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
近藤美奈子(スポーツ科4・進徳女子)
熊原百花(スポーツ科3・栄徳)
菅沼春菜(スポーツ科3・皇學館)
笹川真子(スポーツ科2・遊学館)
若原孝実(スポーツ科2・富田)
伊藤莉奈(現代社会1・滋賀学園)
大平透子(スポーツ科1・浜松修学舎)
久保莉乃果(スポーツ科1・椙山女学園)
  • 記事を共有