前期県リーグ(豊田レディース戦)

2018年6月30日、愛知県の名古屋市港サッカー場において、前期県リーグ戦が行われました。


女子サッカー画像.jpg

【試合結果】
中京vs豊田レディース 0-1 (前半0-0・後半0-1)

【試合内容レポート】
今回の試合では、シュートの本数も多かったにも関わらずコーナーでも得点を得るまでいけなかった。後半66分に相手のシュートが入り悔しい結果に終わった。最後の詰めの甘さにより失点になった。特にコーナーのチャンスが多くあったが、それが一回も得点に繋げられなかったのが観客側も選手側も惜しく思った。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】

浅野 風佳(スポーツ科4・中京大中京)
宮脇 舞希(現代社会4・北)
湯浅 千尋(スポーツ科4・中京大中京)
吉田 萌華(現代社会4・滝川第二)
中西 栞(スポーツ科3・新川)
長笠原 尚子(スポーツ科3・小坂井)
長谷川 珠緒(スポーツ科3・加茂)
牧原 玲奈(スポーツ科2・同朋)
栗田 あすか(文2・磐田北)
白井 美佳(心理2・椙山)
浅井 菜々美(スポーツ科1・椙山)
齋藤 虹歩(スポーツ科1・磐田東)
武田 瑞希(工1・豊橋西)
宮木 祐圭(総合政策1・磐田東)
山城 妃南音(スポーツ科1・椙山)

【選手コメント】
悔いの残る結果となりました。立ち上がりは運が味方してくれた場面もありましたが、その後、全員で締め直し全体的に良い流れでプレーできました。
特に組織的な守備の意識が共有でき、コミュニケーションがよく取れていました。
ただシュートが少なく、また決定力に欠け、点を取ることができませんでした。試合の終盤にワンチャンスを決められてしまったことが本当に悔しいです。この試合で出来ていたこと、改善することを確認し、次の試合につなげていきたいです。(主将 湯浅)

  • 記事を共有