第44回西日本バレーボール大学男女選手権大会

2018年6月28日から7月1日にかけて、広島県の広島県立総合体育館において、
第44回西日本バレーボール大学男女選手権大会が開催されました。

【試合結果】

 <6月28日>    <6月30日>
  中京大

25-16

関西大 中京大 27-25 長崎国際
 

27-29

25-20
  25-15 25-22
 <6月29日>  <6月30日>
  中京大

25-17

中部大 中京大 25-21 近畿大
 

25-13

25-17
  21-25
  25-27

15-17

【試合内容レポート】

6月28日、グループ戦の関西大戦は、2-1で勝利し決勝トーナメントに進出することができた。
6月29日、決勝トーナメント初戦の中部大戦では、吉田魁成選手(スポーツ科3年・福井工大福井)がブロックポイントで流れを掴み、キャプテンの佐藤城選手(スポーツ科4年・松江工)がピンチサーバーとして出場したことでチームが盛り上がり勝利することができた。
6月30日の長崎国際大戦では、河林航太選手(スポーツ科3年・習志野)の安定したレシーブと、古沢優介選手(スポーツ科3年・愛工大名電)の力強いスパイクで快勝した。
同日の近畿大戦では、山田滉太選手(スポーツ科3年・福井工大福井)の高い打点からのスパイク、南智大選手(スポーツ科3年・石川県工)の力強いスパイク、エバデダン・ジェフリー宇意選手(スポーツ科3年・創造学園)の速い攻撃が決まり良い雰囲気で試合を進めたが、途中ミスが目立ちフルセットとなった。難波宏治選手(スポーツ科1年・高川学園)が粘り強くレシーブをあげ、片野坂拓斗選手(スポーツ科4年・大塚)の力強いスパイクが決まるたびにチームが盛り上がったが、打ち合いを制することができず惜敗した。
次は、7月8日に親水公園総合体育館で行われる天皇杯都道府県ラウンドです。よろしくお願いします。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】

佐藤 城(スポーツ科4・松江工)
片野坂 拓人(スポーツ科4・大塚)
梅本 翔真(スポーツ科4・高岡第一)
山田 滉太(スポーツ科3・福井工大福井)
河林 航太(スポーツ科3・習志野)
古沢 優介(スポーツ科3・愛工大名電)
吉田 魁成(スポーツ科3・福井工大福井)
南 智大(スポーツ科3・石川県工)
エバデダン・ジェフリー宇意(スポーツ科3・創造学園)
與那嶺 貴之(スポーツ科1・西原)
袴田 健(スポーツ科2・日本航空)
山田 隆太(スポーツ科2・西原)
中村 太一(スポーツ科1・石川県工)
難波 宏治(スポーツ科1・高川学園)
鳴海 宏太(スポーツ科1・北海道科学)

  • 記事を共有