全日本学生柔道優勝大会(男子67回 女子27回)

2018年6月23日から24日にかけて、東京都の日本武道館において、全日本学生柔道優勝大会が開催されました。

インカレ団体 女子.jpg

インカレ団体 男子.jpg

【試合結果】

<女子5人制>
結果 1回戦敗退

中京大   0対3 福岡大
窪井   合技 立川
竹盛   横四方固 坪根
西川   引分   内野
野村   小外刈 座波
  引分   脇田

<男子7人制>
結果 1回戦敗退

中京大   1対2 岡山商科大
早川   引分   神森
窪田   小内刈 佐藤
福澤   引分   澤田
石川   引分   時本
下田   反則 片山
片岡   引分   宮川
山本 優勢   都築

【試合内容レポート】
この全国大会に、男女とも2年連続で出場することができました。しかし、結果は男女とも初戦敗退で、悔しい結果となりました。女子は、スコアから見てもわかるように、寝技での力の差があったと思われます。男子は、1-2というスコアで敗退し、目標である<全国大会で1つ勝つ>というところまで、本当にあと一歩でした。
全国大会に対するみんなの意識や、練習内容を今一度見直す必要があると思われます。
この試合での課題を克服し、2か月後のの個人戦や、来年の全国大会に向けて頑張ります。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
早川太啓(スポーツ科4・星城)
森壮真(スポーツ科4・瑞浪)
山本涼平(スポーツ科4・四日市中央工業)
窪井月穂(スポーツ科4・加藤学園)
大熊彩未(現社4・瑞浪)
中島萌香(スポーツ科4・伊香)
長嶋風音(スポーツ科4・三好)
西川百香(スポーツ科4・小倉)
大西康裕(スポーツ科3・履正社)
小田裕太(スポーツ科3・武田)
片岡研人(スポーツ科3・栄徳)
下田英樹(スポーツ科3・浜松城北工業)
福澤翔太(スポーツ科3・東海大仰星)
竹盛稜生(スポーツ科3・徳島北)
楠麻衣(スポーツ科3・加藤学園)
野村沙矢(スポーツ科3・中京)
石川純也(スポーツ科2・富士宮北)
千野根奨起(スポーツ科2・常翔学園)
山田聖真(スポーツ科2・星城)
窪田風雅(スポーツ科1・報徳学園)

【選手コメント】
この大会で1勝することが目標でしたが、結果は1対2で負けてしまい、ほんとうに悔しい思いをしました。この大会にかけるチームの思いや、日々の練習の内容を見直す必要があるなと思いました。全国大会に2年連続で出場した今、チーム全体が新たなステージへと踏み出さなければならないと思います。次の全国大会の団体戦は、10月に行われる全日本学生柔道体重別団体優勝大会です。まずは東海学生の個人戦を勝ち抜き、出場権を獲得します。そして<全国大会で1つ勝つ> という目標を絶対に果たします。(スポーツ科4年 柔道部主将 早川太啓)

  • 記事を共有