平成30年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 都道府県ラウンド

2018年7月8日、愛知県の親水公園総合体育館にて、
平成30年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 都道府県ラウンドが開催されました。


【試合結果】

中京大 25-12 Bear's
    25ー13

中京大 25-21 伊勢茶Wins
    25-9

中京大 25-17 至学館大
    25-13

【試合内容レポート】
1回戦目のBear's戦では、初戦の硬さはあったが古沢優介選手(スポーツ科3年・愛工大名電)の連続サーブポイントから良い雰囲気で戦うことができた。途中交代した袴田健選手(スポーツ科2年・日本航空)の高いブロックでチームを守りきり、快勝した。準決勝の伊勢茶Wing戦では、エバデダン・ジェフリー宇意選手(スポーツ科3年・創造学園)の高い打点からのスパイクや、與那嶺貴之選手(スポーツ科2年・西原)の速い攻撃が決まるなど、センター線が活躍し勝利した。決勝の至学館大戦では、連戦だったため序盤疲れが出ていたが、鳴海宏太選手(スポーツ科1年・北海道科学)のサービスエースから試合を有利に進めることができた。山田滉太選手(スポーツ科3年・福井工大福井)の力強いスパイクも次々と決まり、優勝することができた。10月21日(日)に行われる天皇杯東海ブロックラウンドに進出することとなった。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
梅本 翔真(スポーツ科4年・高岡第一)
山田 滉太(スポーツ科3年・福井工大福井)
河林 航太(スポーツ科3年・習志野)
古沢 優介(スポーツ科3年・愛工大名電)
吉田 魁成(スポーツ科3年・福井工大福井)
南 智大(スポーツ科3年・石川県工)
エバデダン・ジェフリー宇意(スポーツ科3年・創造学園)
袴田 健(スポーツ科1年)
與那嶺 貴之(スポーツ科1年・西原)
山田 隆人(スポーツ科2年・西原)
中村 太一(スポーツ科1年・石川県工)
鳴海 宏太(スポーツ科1年・北海道科学)
松本 峻春(スポーツ科1年・大塚)
籔内 晃也(スポーツ科1年・福井工大福井)

  • 記事を共有