2018年度 第73回愛知県選手権水泳競技大会 兼 国民体育大会水泳競技愛知県予選会

2018年7月7日から7月8日にかけて、名古屋市の日本ガイシアリーナにおいて、
第73回愛知県選手権水泳競技大会 兼 国民体育大会水泳競技愛知県予選会が行われました。

全体.jpeg

【試合結果】
男子 50m自由形 優勝 難波暉 22.59
男子 1500m自由形 優勝 東谷一輝 15:27.87
男子 200m平泳ぎ 優勝 大寺巧馬 2:13.41
男子 200mバタフライ 優勝 安井大樹 1:57.72
女子 50m自由形 優勝 西津亜紀 25.84
女子 50mバタフライ 優勝 南谷彩香 27.28
女子 200mバタフライ 優勝 武山月美 2:11.85
女子 400m個人メドレー 優勝 寺田知沙美 4:47.83
男子200m個人メドレー 優勝 2:02.91
女子100m平泳ぎ 優勝 1:09.29
男子100m平泳ぎ 優勝 1:01.54
男子100m自由形 優勝 50.19
女子100mバタフライ 優勝 1:00.41
男子400m自由形 優勝 3:56.16

【試合内容レポート】
第73回愛知県選手権水泳競技大会は、横浜インカレのレギュラーの選考を行う最後の試合でした。そのため、今大会も中部学生選手権水泳競技大会と同様に、2018年1月~7月1日までの全国ランキングを作成し、各種目上位3人のタイムが現在のランキングで何位に相当するかを確認しました。また、インカレと同じように得点を算出し、目標である総合優勝に対してチームの現状を確認しました。結果は、男子・女子共に中部学生選手権よりも記録を伸ばすことができ、得点も上がりました。さらに女子に関しては、リレーを除いた得点ランキングでは他大学を抑えて現在1位という結果でした。個人の結果においても、2回生の千田舞奈美選手が100m平泳ぎで5年ぶりとなる自己ベストを更新するなど、中京魂を感じるレースが多く見られました。今後は、インカレで勝つためにできること全てにチャレンジし、インカレでは必ず男女での総合優勝を達成したいと思います。今後も応援のほど、宜しくお願い致します。(スポーツ科2年・栗田康平)

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
伊藤快仁(スポーツ科4・西城)芦村優奈 (スポーツ科4・ 高水)近藤和( スポーツ科3・ 三木北)
佐伯勇武( スポーツ科2・ 須磨学園)
稲垣皓大( スポーツ科4・ 中京大中京)
畔上進太郎( スポーツ科3・ 長野吉田)相馬あい( スポーツ科3・ 青森東)
佐藤大空( スポーツ科2 ・常総学院)
大寺巧馬 (スポーツ科4・ 須磨学園)
稲荷山陸( スポーツ科3 ・埼玉栄)寺田知佐美( スポーツ科3・ 伊奈学園)
高山大輝( スポーツ科2・ 中京大中京)
寺岡太一( スポーツ科4・ 桃山学院)
宇野柊平( スポーツ科3・ 桃山学院)南谷彩香 (スポーツ科3・ 愛み大瑞穂)
中務貴文( スポーツ科2・ 市川)
難波暉( スポーツ科4・ 豊川)
島村康佑( スポーツ科3・ 春日部共栄)西津亜紀( スポーツ科3・ 豊川)
中村航 (スポーツ科2・ 八戸東)
松下侑平 (スポーツ科4・ 大阪体育大学浪商 )
菅田大雅( スポーツ科3 ・九産大付属九州)青木佑介( スポーツ科2・ 常磐大学)
西村尚樹 (スポーツ科2・ 今治北)
松村優樹 (スポーツ科4・ 埼玉栄)
鈴木開登( スポーツ科3・ 中京大中京)井口翔太 (スポーツ科2・ 赤穂)
岩田旭代( スポーツ科2・ 須磨学園)
黒田早希( スポーツ科4・ 津田学園)
土井脩矢( スポーツ科3・ 和歌山北)岩田睦生( スポーツ科2・ 豊川)
大西彩夏( スポーツ科2・ 春日部共栄)
照喜納志帆( スポーツ科4・ 新田)
原田恭佑 (スポーツ科3 ・新田)大山知章( スポーツ科2・ 尾鷲)
北原瑛里香( スポーツ科2・ 伊那西)
中山実穂( スポーツ科4・ 愛み大瑞穂)
東谷一輝( スポーツ科3・ 尼崎)荻原裕貴( スポーツ科2・ 新田)
越川由紀( スポーツ科2・ 福大附属若葉)
早川咲希( スポーツ科4・ 愛み大瑞穂)
三浦心( スポーツ科3・ 秋田商業)北山晃河( スポーツ科2・ 日本文理)
武山月美( スポーツ科2・ 中京大中京)
深谷茉以 (スポーツ科4・ 椙山女学園)
安井大樹( スポーツ科3・ 常翔学園)柴原充生( スポーツ科1・ 京都外大西)
千田舞奈美( スポーツ科2・ 春日部共栄)
伊藤輝 (スポーツ科1・ 西城陽)
柚木穣( スポーツ科3・ 飛龍)高瀬龍人( スポーツ科1・ 岩手県立福岡 )
横山ゆうき( スポーツ科2・ 札幌大谷)
今城拓海 (スポーツ科1・ 松山北)
吉野公晴( スポーツ科3・ 埼玉栄)武山健一郎( スポーツ科1・ 中京大中京)
石川珠妃( スポーツ科1・ 椙山女学園)
上野凌平( スポーツ科1・ 和歌山北)
東風音( スポーツ科3・ 愛媛県吉田) 舘翔汰( スポーツ科1・ 豊川)
椎名桃子 (スポーツ科1・ 常総学院)
勝亦翔吾( スポーツ科1・ 飛龍)
福原匠海 (スポーツ科1・ 市川) 平野玲於奈( スポーツ科1・ 鹿児島)
荘司菜々子( スポーツ科1・ 日本大学山形)
神近一成( スポーツ科1・ 豊川 )
松葉大悟( 現代社会1・ 愛み大瑞穂)秀野加奈( スポーツ科1・ 新田)
近藤白竜( スポーツ科1・ 明和県央)森田耕輔( スポーツ科1・ 佐賀商業)
長澤未波( 工学1・ 太成学院)
山田大翔( スポーツ科1・ 武相)
吉川円香 (スポーツ科1・ 関西大学北陽)
渡邉千陽( スポーツ科1・ 中京大中京)


【選手コメント】
私は愛知県選手権にかける想いがありました。それは過去の自分を超えることでした。去年の愛知県選手権では、思うような結果が出せずインカレのメンバーに選ばれず、自分の弱さを痛感しました。今年度は過去の自分を超える、その想いで100m平泳ぎで5年ぶりの自己ベストを更新することが出来ました。しかし、自分の得意とする200m平泳ぎで予選からタイムを落としてしまいました。インカレで得点を取るためには、予選から好タイムを出して決勝は更にタイムを上げることが必要とされるため、今回の結果の良かったところをさらに伸ばし、反省すべき課題を直して今年のインカレのチームの目標である男女総合優勝に向けて更に力をつけたいと思います。応援のほど、宜しくお願いします。(スポーツ科学2年・千田舞奈美)

まなみ.jpeg

  • 記事を共有