全日本学生RCS第4戦   

2018年7月28日から29日にかけて、長野県北安曇野郡白馬村飯森において
全日本学生RCS第4戦が開催されました。

全日本学生RCS第4戦 白馬.JPG

全日本学生RCS第4戦 白馬 表彰.JPG

【試合結果】

1日目 男子ポイントレース クラス2B 2位
2日目 男子ロードレース  クラス2B 4位

【試合内容レポート】
1日目のポイントレースでは序盤から駒澤大学の選手と二人で先行し3位以下の選手から得点差を生み出すことに成功した。最終周回で自分から仕掛けたが失敗しカウンターアタックを決められ2位という結果で終わった。
2日目のロードレースでは序盤に泥でタイヤがすくわれて落車してしまう。怪我は大事にはならず、ニュートラルを利用し集団に戻ることが出来た。戻ってすぐできた4人の逃げグループに乗ることができゴールまでそのメンバーで逃げ切ることが出来た。だが最終スプリントで番手を下げてしまい4位という結果でレースを終えた。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
佐藤 大紀(スポーツ科3・知立)

【選手コメント】
惜しくも優勝を逃してしまったが、二日間にわたり入賞することができた。

  • 記事を共有