Artistic Movement in TOYAMA2018

【大会レポート】

「フレネミー」Uホール賞(奨励賞)受賞
「他依る」特別賞受賞

「Artistic Movement in TOYAMA 2018」が9月16日(日)〜17日(月)に富山県高岡市にあるふくおか総合文化センターUホールで開催されました。
この大会は、創作ダンスの美しさと迫力ある動きを富山の地から発信し、創作ダンスの普及発展と出場者の技術と表現力の一層の向上、そして全国の仲間との交流を深めるために、行われています。内容は、全国の学生による「少人数による創作ダンスコンクール」と、コンクールの優秀作品や地元の創作ダンスなどを公演する「エキシビション」となっており、今年は57チームが出場し、12チームが優秀作品に選ばれました。中京大学からは3チームが出場し、作品「フレネミー」、「他依る」、「virus-W」を発表しました。その結果、「フレネミー」は奨励賞に当たるUホール賞、「他依る」は第5位に相当する特別賞を受賞することができました。さらに、「他依る」は1月11日(金曜日)〜13日(日曜日)に行われる「第9回 座・高円寺ダンスアワード」にも選出して頂きました。

作品「フレネミー」は、friend(友)とenemy(敵)の造語であるフレネミーという言葉から着想を得ました。女子4人で出場し、一見仲が良さそうに見えますが、実はそんなに好きじゃないと思っている女子特有の人間関係を全員が繋がったスカートで表現しました。

IMG_5画像1.jpg

作品「他依る」は自立を題材に創作しました。男女2人ずつで出場し、誰かに頼っていなければ何もできず、自立できない様をマットレスを使い表現しました。

IMG_画像2.jpg

作品「virus-W」は人間の中に眠っている野性をウイルスとし、侵食されていく人の様子を男子2人で表現しました。男子ならではの迫力のある演技が魅力となっています。

IMG_画像3.PNG

今回の大会では、昨年に引き続き2作品受賞することができ、大変嬉しく思います。応援してくださる多くの方の支えがあり、得ることができた賞だと実感しています。支えてくださる方への感謝を忘れず、これからも日々尽力して参ります。

IMG_画像4.jpg

尚、今回Artistic Movement in TOYAMA 2018で披露した3作品は11月10日(土)に豊田市民文化会館小ホールにて行われる第44回中京大学ダンス部公演「今在る世界をこの目で」にて再演致します。お時間ありましたら是非見に来てください。お待ちしております。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
「フレネミー」
小田 琴音(スポーツ科2年・岡崎西)
服部 真歩(スポーツ科2年・熱田)
春田 涼香(スポーツ科4年・中村)
児玉 鈴(スポーツ科1年・名城)
「他依る」
中鉢 竜弥(スポーツ科2年・中村)
深谷 和史(スポーツ科3年・豊田南)
石田 幸音(スポーツ科1年・神戸野田)
近藤 蒼衣(スポーツ科1年・中村)
「virus-W」
秋山 愛斗(文1年・東邦)
天野 朝陽(スポーツ科1年・芦屋学園)

  • 記事を共有