2018年度東海女子学生リーグ(後期)

2018年9月8日、22日、23日、愛知県犬山市の名古屋経済大学総合グラウンドにて、
2018年度東海女子学生リーグ戦(後期)が行われました。

image1.png

【試合結果&レポート】

*9/8 VS愛知淑徳大学
中京大学 vs 愛知淑徳大学 11-0 (前半 6-0・後半 5-0)

キックオフと同時にゴールを狙った#3白井のシュートが決まり、先制点となった。その後、6分に#12齋藤が追加点を決めた。#12齋藤はその勢いに乗り、26分・37分・38分と点を取った。前半終了間際に#14山城が得点を取った。45分、後半が開始され、またも#3白井のシュートから始まった。それに続き47分#15武田・55分#13宮木・58分#14山城と1年生が大活躍をしてくれました。74分に#7長笠原が決め、試合が終了した。
インカレ予選の初戦で、チームの全員が絶対勝つという気持ちで試合に臨んでいるのが雰囲気で感じることができた。その気持ちでいたので11-0という結果がついてきたのだと思う。また、試合内容では、相手のペースに合わせることなく自分たちの試合展開ができたのでよかった。そして、1年生のほとんどが得点を取ってくれたのがよかった。これで、上の学年が負けないようにゴールを狙うことが多くなっていくと思う。4年生は、4年間インカレ予選出場の目標に向かってきて、最後のチャレンジだ。次の試合(9/22)の至学館戦は、開催場所も同じなので是非点を決めてもらいたい。期待していますよ!(広報 3年 長谷川)

*9/22 VS至学館
中京大学vs至学館大学 (前半0-1・後半2-0)

前半、お互いに譲らない試合をする中で自分たちの簡単なミスから相手に先制点を取られてしまった。そのあとも何度か攻め、シュートをしますが相手のディフェンスに阻まれ、前半は終了。後半、#18齋藤がパスに合わせシュートを決め、#3白井が利き足ではない左足で逆転のゴールを決めた。
結果では勝利となりましたが、失点もしてしまいゲームの内容的にももっと良いものにできたと思います。相手の気持ちの入ったプレーに中京は圧倒されていた気もします。先に失点をした中で取り返し、結果を出せたことは良かった点です。次の試合に向けて全員でもう一度修正していきます。(1年 宮木)

*9/23 VS名古屋経済大学戦
中京大学vs名古屋経済大学 0-5 (前半0-3・後半0-2)

初めから相手のボールを持つ時間が多く自分たちのボールになってもなかなかシュートまでいくことができなかった。自分たちの簡単なミスからの失点が多くみられ、通るパスも通らないことがあった。
悔しい敗戦となりました。今節を経て、改めてプレーの質を高めていく必要を痛感しました。次節まであまり時間はありませんが、1つ1つのプレーの質にまでこだわって練習していきます。(主将 4年 湯浅)

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
浅野 風佳(スポーツ科4・中京大中京)
宮脇 舞希(現代社会4・北)
湯浅 千尋(スポーツ科4・中京大中京)
吉田 萌華(現代社会4・滝川第二)
中西 栞(スポーツ科3・新川)
長笠原 尚子(スポーツ科3・小坂井)
長谷川 珠緒(スポーツ科3・加茂)
牧原 玲奈(スポーツ科2・同朋)
栗田 あすか(文2・磐田北)
白井 美佳(心理2・椙山)
浅井 菜々美(スポーツ科1・椙山)
齋藤 虹歩(スポーツ科1・磐田東)
武田 瑞希(工1・豊橋西)
宮木 祐圭(総合政策1・磐田東)
山城 妃南音(スポーツ科1・椙山)
  • 記事を共有