平成30年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会東海ブロックラウンド 

2018年10月20日、三重県の三重交通グループスポーツの杜伊勢において、
平成30年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会東海ブロックラウンドが行われました。


天皇杯.jpeg

【試合結果】
20日 VSSJOCカップ静岡選抜(25-14,25-8)
20日 VS至学館大学(25-13,25-17)
20日 VSトヨタ自動車ヴァルキューレ(25-18,25-11)

【試合内容レポート】
JOCカップ静岡選抜との試合では、若泉佳穂(スポーツ科・1年)がディグアタック決定率100%で1年生らしいフレッシュさでチームに貢献した。至学館大学との試合では、リーグからのデータ分析などを生かし、ストレートで勝利した。トヨタ自動車ヴァルキューレとの試合では、田中咲希(スポーツ科4年)がサーブ効果率64%で相手に隙を見せず、高相みな実(スポーツ科4年)がレセプション返球率100%でチームを支えた。

【出場選手名(名前・学部・出身校)】
伊藤きわ美(スポーツ科4・古川学園)
高相みな実(スポーツ科4・都市大塩尻)
中條美月(スポーツ科4・古川学園)
田中咲希(スポーツ科4・四条畷)
高田菜緒(スポーツ科4・大阪国際滝井)
濱元さやか(スポーツ科3・九州文化)
内田愛梨(スポーツ科3・健大高崎)
浅野奈菜(スポーツ科3・岡崎学園)
長瀬彩花(スポーツ科3・岡崎学園)
三浦優(スポーツ科2・岡崎学園)
長谷川葉月(スポーツ科2・美濃加茂)
堀迫雅(スポーツ科1・岐阜県立商業)
若泉佳穂(スポーツ科1・福井工大福井)
水谷夕夏(スポーツ科1・三重)

  • 記事を共有