関西学生フェンシング選手権大会(男女エペ団体戦)

2018年10月10日から14日にかけて、京都府の大山崎町体育館において、
関西学生フェンシング選手権大会(男女エペ団体戦)が行われました。


【試合結果】
<男子エペ団体>
1回戦
中京大学38-V45大阪大学
太田1-5浅田
竹内2-10森本
西谷5-15三宅
太田7-20森本
西谷13-25浅田
竹内14-30三宅
西谷18-33森本
太田22-39三宅
竹内38-45浅田

最終順位
1位同志社大学
2位朝日大学
3位立命館大学
4位関西大学
5位龍谷大学
6位愛知工業大学
7位関西学院大学
8位近畿大学


14位中京大学

<女子エペ団体>
1回戦
シード

2回戦
中京大学V45-21京都大学

尾矢4-3井上
加藤10-5岩崎
高橋15-8桐木
尾矢20-8R井上
R德嶌25-14井上
加藤30-15桐木
高橋35-16岩崎
尾矢40-20桐木
加藤45-21井上

3回戦
中京大学V45-32同志社大学
加藤5-3山田
高橋9-10吉村
尾矢14-13坪井
R小田20-17山田
加藤25-19坪井
尾矢30-21吉村
R小田35-23坪井
尾矢40-25山田
加藤45-32吉村

決勝戦
中京大学V45-38関西学院大学
加藤5-4桑田
小田8-6村上
尾矢14-9大北
小田18-14桑田
加藤24-22R色摩
尾矢28-25村上
小田29-25R色摩
尾矢33-28桑田
加藤45-38村上

最終順位
1位中京大学
2位関西学院大学
3位同志社大学
4位朝日大学
5位立命館大学
6位京都大学
7位甲南大学
8位大阪大学

【試合内容レポート】
初めから全体的に流れが悪く、焦りと緊張の中で苦しい試合をしていた。その中でも3番手の西谷が上手く点を取っていてくれたことがチームの救いだったし、2番手の太田も不調ながらも諦めずに戦っていた。最後は前半に比べて3人とも多く点を取ったが、届かずに終わってしまった。竹内凱(スポーツ科4・金沢西)どの試合もそれぞれのポジションで役割を果たすことができ、相手に1度もリードさせることなく、優勝することができた。1ヶ月後のインカレを獲れるようそれぞれの課題を修正していく。加藤有倭香(スポーツ科4・羽島北)

【出場選手名(氏名・学部・出身校)】
竹内 凱(スポーツ科4・金沢西)
太田 匡哉(スポーツ科2・松任)
西谷 晴稀(現代社会2・金沢西)
加藤 有倭香(スポーツ科4・羽島北)
小田 みはる(工2・別府商業)
尾矢 二千花(スポーツ科1・中京大中京)
高橋 里衣(スポーツ科1・大垣養老)

【選手コメント】
サーブル団体でのインカレ出場を目標にチームとして取り組んだ中で、前日にそれが叶わなかった中でのエペ団体。その結果、全体的に練習不足だった点も多く見えたが、後半の試合は総監督にも言って頂けたように、最初からそれが出来ていれば、という内容だったと思う。これで後輩2人と組む団体戦は終わってしまい、本当に悔しいけれど、個人的には最後の最後に2人に何か伝わってくれればいいなと思うようなプレーが出来て良かったとも思っている。残る来年の2人に心から期待したい。竹内凱(スポーツ科4・金沢西)
リーグ戦に続いて、関カレで優勝して2冠取ることが出来て良かった。加藤有倭香(スポーツ科4・羽島北)
④.jpeg

   

  • 記事を共有