第9回東海学生ダンス発表会

2019年3月10日、愛知県刈谷市の愛知教育大学講堂において、
第9回東海学生ダンス発表会が開催されました。

【大会レポート】
3月10日(日)に愛知教育大学の講堂にて第9回東海学生ダンス発表会「 cube-ダンスで彩る多面体-」が無事に終演致しました。 この発表会は東海地方のダンス部がある6大学(愛知教育大学、岡崎女子大学・岡崎女子短期大学、至学館大学、静岡大学、中京大学、豊橋創造大学)が集まり、合同で一つの発表会を作り上げています。

私たち中京大学ダンス部は、「strandbeest-風を食べる創造生命体-」と「verge-始まりの扉-」の2作品を披露させていただきました。
「strandbeest-風を食べる創造生命体-」では、テオ・ヤンセンが人工的につくり上げた創造生命体(ストランドビースト)から着想を得ました。風を使い、動くストランドビースト独特な動きから生み出される美しく神秘的な様を表現しました。
「verge-始まりの扉-」は、明るいリズムダンスです。これから始まる新たな生活を応援するイメージで創作しました。衣装にパステルカラーを使い、爽やかに表現しました。

今回の発表会は大変多くのお客様にご来場いただき、客席はほぼ満席の状態となりました。多くの方々に支えられ無事に発表会を成功に収めることができたことを感謝申し上げます。また、この発表会を通して、他大学の部員とも交流することができ様々な刺激を受けました。この経験を生かして、8月に行われる全国大会に向けてさらに努力して参ります。

学連1.png学連2.png

  • 記事を共有